プラハの旧ユダヤ人墓地

プラハの旧ユダヤ人墓地

プラハの旧ユダヤ人墓地(ぷらはのきゅうゆだやじんぼち、英語: Old Jewish Cemetery)はヨーロッパで最大のユダヤ人墓地で、プラハのユダヤ人の歴史において最も重要なモニュメントの一つ。 この墓地は15世紀前半から1786年までその目的を果たしていた。 ラビのマハラルことイェフダ・レーヴ・ベン・ベザレル (1526?–1609)、実業家であったモルデカイ・マイゼル (1528–1601)、歴史家のダヴィド・ガンス (1541?–1613)や、ラビのダヴィド・オッペンハイム (1664–1736)など、地域のコミュニティの中で重要な人物達がこの墓地に埋葬されている。 今日ではこの墓地はプラハのユダヤ博物館によって管理されている。

コメントを追加

この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。