イマーム広場

イマーム広場

イマーム広場(イマームひろば)はイランのエスファハーンにある広場。

まわりを青を基調とした精密なアラベスク模様のタイルで覆われた荘厳なモスクや宮殿によって囲まれていることから、かつては「ここには世界の半分がある」とも言われた。

ユネスコの世界遺産に登録されている。

コメントを追加

この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。