モハーの断崖

モハーの断崖

モハーの断崖(英語:The Cliffs of Moher、アイルランド語:Aillte an Mhothair、「破滅の崖」の意)はアイルランド共和国クレア州のドゥーリンに近いバレン高原南西端のリスカナーに位置する。

大西洋から聳え立つ崖の高さはハグ岬(en:Hag's Head)で120m、8km離れた最高地点オブライアン塔(en:O'Brien's Tower)の真北で214mに達する。アイルランド中でも壮観な眺望を誇り、晴れた日にはゴールウェイ湾に浮かぶアラン諸島やコネマラの谷や丘が見られる。

オブライアン塔は崖のおおよそ中間地点に聳える円形の石造の塔である。アイルランド上王ブライアン・ボルの子孫サー・コーネリアス・オブライアン(Cornelius O'Brien)によって1835年に、当時すでに幾百人に及んでいた見物客を監視するために建てられた。塔の頂上からはアラン諸島とゴールウェイ湾、北はモームターク山地(Maumturks)、トゥエルヴ・ベンズ(Twelve Bens)の山々、コネマラから南はループヘッドまでが眺望できる。

ハグ岬に建つ四角い石の廃墟Moher towerはヨーロッパのナポレオン支配の時代の見張り塔の残骸と言われる。

コメントを追加

この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。