コスタ・ブラバ

コスタ・ブラバ

コスタ・ブラバ(カタルーニャ語・スペイン語:Costa Brava)は、スペイン、カタルーニャ州北東部ジローナ県のアルト・アンプルダー、バッシ・アンプルダー、セルバの各郡に跨る海岸である。コスタはカタルーニャ語及びスペイン語で「海岸」を意味し、ブラバは「でこぼこの」や「野生」を意味する。コスタ・ブラバはバルセロナの約60km北東に位置するブラーナスからフランス国境まで続く。

1950年代にコスタ・ブラバはスペインのフランコ政権によって、イギリス・フランスや北欧からの休暇時のパッケージ旅行の目的地としての開発に適している地域として指定された。とても良い夏の気候や自然、素晴らしい海岸の組み合わせはブラーナス、トッサ・デ・マール、リョレート・デ・マルのような海辺のリゾート地にある多数のホテルやマンションの建設に利用された。観光業は地域の主要産業として急速に成長し、漁業に取って代わった。

コスタ・ブラバの海岸線の一部で大規模な開発が行われていた一方、開発の行われなかった地域ではより伝統的な景観が維持され、太陽と砂とサングリアより少し多くを求める訪問客のための「秘宝」となっている。フランス国境に程近く、ピレネー山脈山麓の丘の近くに位置するカダケスのような小さな町は、フィゲーラスにあるダリ美術館がカタルーニャ州で最も重要かつ人気のある博物館・美術館の一つとなっているサルバドール・ダリやパブロ・ピカソなどの芸術家を惹き付け、現在では流行のリゾート地となっている。ロザスとトッサ・デ・マールの間の海岸線にはパルス、ベグール、タマリュー、リャフラン、レスタルティット、アイグア・ブラバ、フォルネルス、カレーリャ・パラフリュージェル、パラモス、サント・フェリウ・デ・ギショルスと言った楽しい小さな町が多数並んでいる。

Thematic

コメントを追加

この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。